忍者ブログ
2008/08/05設置
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近週1の更新になってきていますね…。

以下は私の自己満足です、書いておいてなんですがさらっと流すことをお勧めします。

皆様、大変お久しぶりに御座います。

最近目に見えて更新速度が遅くなってきた次第ですが、多忙期ということでご容赦を…。

さて、突然ですが題にも書きました通り大変お世話になっていた私の祖母が先日天寿を全う為されました。
享年72という若さでした。まぁ72歳が若いかどうかは置いておいて…。

ともあれ、その方は私が幼少の頃より良くして頂いた方で、
アルバムを見返せば私が生まれたばかりの写真からずっと傍に写っている位一緒に居た方でもありました。

正直に言いますと、未だにひょっこり帰ってくるんじゃないかと思う自分も居ることを否定出来ない現状です。

ただ、祖母の住んでいた家に顔を出しに行ったときに
何時も祖母が横になっていたベットが無くなっているのを見ると、
やはり亡くなってしまったのだなぁと強く実感します。

結局葬儀のときにすら涙を流せなかった薄情な自分ですが、
やはり祖母への感傷はあったのだなと痛感しています。

まぁ何が言いたいかといいますと、「親孝行、したいときには親は居ず」ではありませんが、
恩を返せる時間は沢山有るようで実はそんなにないんだということですね。
皆様も、何時か後悔しないように今返せる恩は返しておくことを強くお勧めします。

人間いつかは死に、最終的に行き着く場所は同じだとすると
そのうち私も祖母の下へと行くことになるのでしょう。
その時、祖母に思い出話を話してあげる為に、
何の恩も返せなかった私が祖母を忘れずこの先を行くことが、
私からの祖母へのせめてもの手向け、最後の恩返しと為ることを期待したいと思います。

まぁ、今を漠然と生きている私ではそんなことを出来るのかと祖母も心配するでしょうが…。

ともあれ、長くなりましたがこれで私の自己満足を終えようと思います。
お付き合いいただいた方はありがとう御座いました。

最後に、結局祖母に言えなかったのでここで書き綴らせていただきます。

今までありがとう御座いました、そして本当にお疲れ様でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご冥福をお祈り申し上げます
自分の身近なものの死。
本当にそうなんですよね、またひょっこりと現れるのではないかと思ってしまうのですよね。

故人のために泣くことだけが、相手を思いやっていたという形ではなく、こうして、九龍さんが思いを書き綴ることも一つの故人を思いやる行為だと感じます。

九龍さんは本当に祖母さんは本当に幸せですよね。こうして、自分自身を強く思ってくれる方がいらっしゃること。

最後になりましたが、ご冥福をお祈り申し上げます。
太平るき 2008/09/29(Mon)16:15:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
九龍 幽鬼
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1993/01/03
職業:
道化師兼人形
趣味:
読書・料理・裁縫・人をからかうこと
blogpet
最新CM
[01/04 氷一]
[12/26 美月]
[12/25 九龍]
[12/25 美月]
[12/25 九龍]
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]